投稿日:

★医学部再受験生でも年齢に関係なく医学合格を勝ち取る!~私立大学編~★

医学部再受験生にとっては学力だけでなく年齢も合否に影響が出てくる大学があるのはご存知だと思います。再受験生ブログや2chでまとめられている大学別寛容度を見れば分かると思いますが、私立大学医学部でも年齢差別のある学校は存在しています。したがって、少しでも合格の望みを高めるためにも、志望校選びの際は年齢差別が無いかを事前に確認しておく必要があります。基本は、在学生の年代別データを参考にしたり、医学部予備校などで相談したりすると、再受験生でも狙える医学部を知ることができます。医学部によっては、杏林大学や藤田保健衛生大学のように年齢差別を行わず学力重視で選抜することを公言している大学もあります。この2大学は再受験生にも人気で、毎年多くの社会人や30代の受験生が合格しています。さらに、私立大学を目指す医学部再受験生にとっての懸念材料は学費の高さです。国立であれば6年間350万円程度で済む学費も私立大学であれば平均すると約3,600万円程度の学費が必要となってきます。慶応大学や順天堂大学は学費が2,000万円前半と安いのが魅力ですが、再受験生に厳しい大学として有名です。この場合おすすめなのが地域枠です。在学6年間の学費は自治体が貸与してくれ、卒業後僻地医療などに従事すると返済不要となります。ここで再受験生でも挑戦できる地域枠試験を実施しているのが杏林大学です。杏林大学医学部は上記で述べたように年齢差別をしないと公言している大学なので、再受験生でも東京都の地域枠を受験して合格できる可能性が大いに期待できます。再受験生の中には地域枠を知らない人も多いので、受験情報をもっと積極的に探してください。その結果、私立大学医学部でも経済的理由で諦めずに選ぶことができます。

医学部再受験はコチラ

URL:xn--36qt4bon05v4y3eorl.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA