投稿日:

★学習塾を比較する際のポイントとは?自分に合った教室の見つけ方★

学習塾を活用して勉強することが今では一般的になっています。少子化にもかかわらず、多くの教室が開校されており、生徒によっては豊富な選択肢から自分に合った環境を選ぶことができます。とは言っても選択肢が多すぎるとどの塾が良いか分からなくなってしまいます。そこで塾を比較する際のポイントを紹介していきたいと思います。まず、学習塾には集団指導塾と個別指導塾の2種類に大きく分かれます。双方にメリット・デメリットがあるので、自分に合った環境を選ぶと良いでしょう。負けず嫌いな性格や、周囲が勉強していると刺激になってモチベーションが上がるという人は集団指導が向いています。また、レベルの高い指導が受けられる教室が多いのも集団指導塾です。難関受験を目指す人は選ぶと良いでしょう。いっぽう、個別指導は、講師から直接指導を受けることができます。勉強の方法が分かっていない生徒は一から丁寧に指導してもらえます。また、苦手科目対策、志望校対策など、自分だけの学習プランで勉強できるのが魅力です。あと、学習塾には直営教室とフランチャイズ教室(提携校)の2種類があります。直営の場合は品質管理が統一されているため、教室ごとに学習環境や講師の質に差が出ることはあまりありません。その代わり、主要都市以外は教室がないなど限定的です。いっぽう、フランチャイズ教室は、手数料を払うことで有名塾の看板と教材を使用できるため、多くの教室が全国各地で開校されています。フランチャイズだからと言って必ずしも質が落ちるということはなく、中には地元の有名進学塾が高校部や中学部を対象としたマーケットを拡大する際にフランチャイズを利用しているケースが多く見受けられます。その場合は、学習環境も良く講師の質も高いと評判です。あと、なかには授業料を比較して選ぶ人がいますが、安い理由で入塾しても成績が伸びなければお金の無駄です。学習環境の相性と講師の質、合格実績など含めて検討することが重要です。

投稿日:

★医学部再受験生でも医学部合格を実現可能!~国公立大学編~★

国公立大学の医学部再受験対策前回は私立大学医学部入試において、医学部再受験生でも志望校選定を間違わなければ合格ができると解説しました。これは、国公立大学医学部でも全く同じことが言えます。医学部再受験生は社会人を経験している人が多く経済的に親から独立している方が多いのも特徴で、学費負担の少ない国公立大学がむしろ人気です。以前は、二次試験で面接試験が課されない医学部が多く再受験生も受験しやすい状況でしたが、近年は相次いで面接試験を導入し、今では東京大学と九州大学の2大学のみしか残っていません。どちらも旧帝大の医学部として非常に高い学力が要求されており、再受験生では相当の学力がある人でしか志望できないため、現在面接試験の受験は不可避となっています。しかし、面接試験があるからと言って必ずしも再受験生にとって不利かと言えばそうでもありません。面接試験を導入している医学部でも20代後半および30代の再受験生が合格している医学部はあるからです。例えば、滋賀医科大学は討論形式のグループ面接を採用しており個人的な事情を質問されることはありません。年齢や経歴というよりは、コミュニケーション能力や理論的思考や振る舞いなどを重視しているようです。滋賀医科大学の他にも三重大学および奈良県立医科大学の3大学は再受験生の合格実績も多く情報も豊富なので、毎年多くの方が受験する人気大学となっています。ただし、人気が高いためどの大学も難易度は高めなのでまずは医学部に合格できる学力を身につけるのが最優先事項となります。特に国公立大学の場合はセンター試験が課されているため文系科目も勉強しなくてはなりません。しかも、私立大学医学部のように併願受験が不可能で、前期と後期の2回しかチャンスがないため、国公立1本の再受験生は合格が非常に難しいことは理解しておきましょう。できれば、私立大学医学部も併願してできるだけ合格のチャンスを高めておくことが早期に受験生活を終わらせるためには重要となります。

投稿日:

★公務員専門学校を選ぶ際に考えておきたいこと★

公務員専門学校を選ぶポイントリストラがなく安定した収入と福利厚生のある公務員は、先行き不透明な現代社会では非常に魅力であり、目指す学生が多い職業となっています。そのため、公務員試験の競争率は高く、しっかり対策しておかないとなかなか合格することは難しいです。公務員試験を独学で目指す人もいるようですが、専門学校に通って対策するのが現実的です。独学を選ぶと参考書代だけで済むため経済的には非常に安上がりです。ただし、合格できる可能性は専門学校に比べて劣ってしまいます。やはり学習計画を立てる難しさと、それを予定通り実行することの難しさが大きな障害となるでしょう。不合格の場合、公務員専門学校に通っておけば良かったと後悔すると思うので、最初から公務員専門学校で対策を行いましょう。公務員専門学校の場合は、カリキュラムが入念に作り込まれており、最小限の負担で効率よく学べるようになっています。したがって、一発合格も十分狙うことができます。また、独学の場合は質問できる相手がいません。いっぽう、公務員専門学校なら不明点があればいつでも質問することができるので、知識の消化不良を防ぎ苦手な論点ができにくくなります。それに友人同士で議論しあったり、問題を出し合ったりすることで、より知識を深く落とし込むことができるなど沢山のメリットがあります。公務員専門学校で学ぶデメリットを言うなら学費の高さくらいでしょう。それでも合格して公務員になれれば全然元が取れる金額なので初期投資だと思って利用することが重要です。あと、全日制の公務員専門学校に通う際、たとえ公務員試験がダメでも民間企業に就職できる道が残されています。公務員専門学校では、実務に必要なスキルや資格を習得できるビジネス科を併設していることが多々あります。なので、独自のネットワークにより全国各地から求人が集まってくるので、進路変更により民間への就職を斡旋してくれる学校が少なくありません。公務員試験は年齢制限があり、一般的に30歳になると受験資格がなくなります。そのため、将来のことを考えて民間企業への就職斡旋のサポート制度がある公務員専門学校で学ぶのも一つの方法です。

投稿日:

★自分にとって最適な個別指導塾を選ぶためには比較サイトを有効活用するべし!!★

個別指導塾といっても、最近では大手予備校なども個別指導業界に参入し始め、駅前を中心に多くの教室が展開しているため、学校選びに迷うところです。そんなときにおすすめなのが、個別指導塾の比較サイトです。個別指導塾の比較サイトでは、全国にある教室の中から厳選しておすすめの教室だけを紹介しているため、質の高いところから自分にとって最適な教室を選ぶことが可能です。さらに、比較サイトでは、世代別の実績やエリアごとにおすすめの個別指導塾を紹介してくれているため、よりピンポイントで最適な教室を探すことができます。個別指導塾は、昔は学校の定期テキスト対策など学校授業の補填的な位置づけが多かったのですが、最近では大手予備校などの参入などもあり、難関校を目指した進学系の個別指導塾も増えてきています。したがって、より効果的に学習するために集団クラスと個別指導塾を併用している生徒も少なくありません。集団クラスでレベルの高い授業を受けてライバルと切磋琢磨し競争力を身に着け、個別指導塾では苦手分野の克服や志望校対策など自分に必要な対策をオリジナルカリキュラムで受講しているパターンが多いのが特徴です。つまり、集団クラスと個別クラスの両方のメリットを取り入れることで学力を効果的に伸ばすことが可能です。個別指導塾はマイペースに学習できるだけでなく、自分だけのカリキュラムで先生が付きっきりで指導してくれるケースが多いため、授業の未消化を防ぐことも可能です。自己管理が苦手な人や、どうやって勉強した良いか分からない人は個別指導塾をまずは受けてみると良いでしょう。

個別指導塾比較はコチラ

URL:xn--2vq04ck9ih3d88k.biz

投稿日:

★医学部再受験生でも年齢に関係なく医学合格を勝ち取る!~私立大学編~★

医学部再受験生にとっては学力だけでなく年齢も合否に影響が出てくる大学があるのはご存知だと思います。再受験生ブログや2chでまとめられている大学別寛容度を見れば分かると思いますが、私立大学医学部でも年齢差別のある学校は存在しています。したがって、少しでも合格の望みを高めるためにも、志望校選びの際は年齢差別が無いかを事前に確認しておく必要があります。基本は、在学生の年代別データを参考にしたり、医学部予備校などで相談したりすると、再受験生でも狙える医学部を知ることができます。医学部によっては、杏林大学や藤田保健衛生大学のように年齢差別を行わず学力重視で選抜することを公言している大学もあります。この2大学は再受験生にも人気で、毎年多くの社会人や30代の受験生が合格しています。さらに、私立大学を目指す医学部再受験生にとっての懸念材料は学費の高さです。国立であれば6年間350万円程度で済む学費も私立大学であれば平均すると約3,600万円程度の学費が必要となってきます。慶応大学や順天堂大学は学費が2,000万円前半と安いのが魅力ですが、再受験生に厳しい大学として有名です。この場合おすすめなのが地域枠です。在学6年間の学費は自治体が貸与してくれ、卒業後僻地医療などに従事すると返済不要となります。ここで再受験生でも挑戦できる地域枠試験を実施しているのが杏林大学です。杏林大学医学部は上記で述べたように年齢差別をしないと公言している大学なので、再受験生でも東京都の地域枠を受験して合格できる可能性が大いに期待できます。再受験生の中には地域枠を知らない人も多いので、受験情報をもっと積極的に探してください。その結果、私立大学医学部でも経済的理由で諦めずに選ぶことができます。

医学部再受験はコチラ

URL:xn--36qt4bon05v4y3eorl.net

投稿日:

★公務員を目指す若者が急増中!!公務員になるために知っておきたいこと!!★

近年、日本経済の不況を受けて安定的な生活を求める若者が増えており、その際たる例が公務員ということもあり公務員を目指す若者が増えています。ここでは公務員になるために知っておきたいことをまとめてご紹介しています。まずは公務員の魅力の一つである給料と年収についてです、公務員の給与水準は安定しており、平成21年度の民間企業の平均年収が406万円と比較して、国家公務員は646万円、地方公務員は699万円という結果でした。また、民間企業と比較して公務員はコンスタントに昇進できることと福利厚生などの各種手当てが充実していることが人気となっています。さらに退職金で比較すると民間企業は平均2547.7万円だったのに対し公務員は2950.3万円とこちらも高い結果となっています。このように良い給与で福利厚生もしっかりしている公務員になるためのポイントは何でしょうか。それは公務員試験に合格するために必要不可欠となる公務員専門学校選びです。公務員専門学校ではさまざまな受講スタイルに対応しているので学生や社会人でも専門学校の授業と本業を両立することが可能となっています。公務員試験は専門性の高い試験となっており、なかなか独学では合格することは難しいと言われています、しかし公務員専門学校では毎年、最新の改正論点や時事問題を研究し授業に反映しているので公務員試験に受けるためのものが全て揃っていると言っても過言ではありません。しかし全ての公務員専門学校が全ての公務員の種類の試験が得意というわけではなく、格専門学校で得意な公務員の種類があります。上記のように公務員になるには自分の目指している公務員の種類に合わせた学校選びが重要となってきますので、気になる学校があればまずは資料請求をし、自分の進路に適しているのかしっかり吟味する必要があるでしょう!!

公務員専門学校はコチラ

URL:xn--55qq8au8b0zljwa854c7s6e.com

投稿日:

★医学部の大学受験に必須の偏差値情報!!志望大学は偏差値から選べ!!★

医学部を受験する際に受験生の多くは志望したい医学部の偏差値を最初に調べます。その情報から今の自分の状況との差を正確に把握し、予備校や塾の学費等も計算しながらどの医学部に合格ができるのかを考え、最終的に国公立の大学か私立の大学かを決定することになります。自分は東大医学部に進むんだと最初から決めて受験勉強を開始するよりも現実的にどのラインを目指せば医師になる可能性が一番高いかを見極めることも大変重要となってくるでしょう。まずはインターネット等で医学部に関する情報を集めることからスタートしましょう!!

医学部大学受験偏差値はコチラ

投稿日:

★医学部を受験するにあたって知りたい偏差値と再受験について!★

医学部を目指すにあたり知っておきたい情報は各医学部大学の偏差値情報です。近年、医学部を目指す志願者数は2012年度で20483人、志願倍率5.70と年々増加しています。それと比較して日本の医学部を有する大学の偏差値はここ何年も変動していなので、自分がどの医学部に進学したいのか、今の自分の偏差値ではどの医学部に進学できるのか等、一度は医学部の偏差値ランキングなどで確認しておきたいところです。また、各医学部大学の偏差値だけではなく、進学したい医学部がどのような歴史があり理念を持っているかや医学部に進学したあとその医学部の先輩たちはどのような道を目指しているのかなどは最低でも知っておきたい情報です。その他、医学部を再受験しようと考えている人でおすすめなのが短期間で医学部合格を目指す人がほとんどなので、医学部を受験する際に受験科目が絞られる私立大学か国公立大学の中でも二次試験科目が少ない大学など、合格に向けて費用対効果の高い医学部を選ぶのがおすすめです。科目を絞って勉強できることは他の医学部を目指すライバルと比べて大きなアドバンテージとなるでしょう。しかし、受験科目が少ないからといって合格率が高いということはありませんのでしっかり計画を立てて勉強に集中することをおすすめします。